2014年2月24日月曜日

IT部会

先週、社労士会の専門部会に参加し、そこでIT関係のM社長を講師にインターネット等の現状とセキュリティの話を行ってもらった。研修を受けて感じたことは、次の通りである。


まず、インターネットの普及具合の違いである。以前は普及率についても、使っている年代差があったのに昨今はなくなってきている。差が出ているとすれば地域差ぐらいである。従って、このことを前提に仕事も考えないといけなくなっていること。


次に、クラウド使用とセキュリティの問題では、操作ミス、設定ミス、勘違いなど人為的なミスで90%以上は説明がつく。また、ファイルを共有する場合は相手のレベルも考慮に入れた対応が必要。従って、当面は実験的なものにしたらと考えたこと。



しかしながら、全くの無防備ではだめで、最低限のセキュリティ対策としては、正しい情報と知識を身につけること、最低限の対策をしておくこと、危険なところに立ち入らないことが必要と言われた。この点では、完ぺきではないが一定程度はやっている。


やはり一定の経験を積まないとわからないことも多いので、今後どうするかもう少し考えてみたいと思う。さて、次回は。。。










0 件のコメント:

コメントを投稿