2014年5月13日火曜日

スマホかそれとも、モバイルWi-Fiルーターか? その4

結論は、すこし様子見みたいな部分もあるのだが、Wi-Fiルーターにすることしした。5月初めに入荷する予定である。買ったのは、「AtermMR03LN」と「OCN モバイル ONE」の組み合わせで、23,000円だったので比較的リーズナブルと感じた。


検討課題1のエリアについては、NTTドコモのエリアがそのまま使えるし、田舎の実家もカバーしているようである。XiエリアとLTEエリアの両方をカバーしているとのことだが、実家についてはXiエリアだけのようなので、今後検証が必要である。


ランニングコストについては、当面3,000円ぐらいの節約なので、8か月ぐらい、つまり今年いっぱいでもとは取れる計算になる。iPhoneをガラケーに替えるかどうかは、しばらく使用感を味わってからでも遅くはないと感じている。



海外使用の問題は、現時点では解決していない。SIMフリーになる予定だとのアナウンスだけである。もし、ならなかったら今年もホテルでのWi-Fi使用で済ませるし、なったら海外のSIMフリーのものを使ってみようと思う。


とにかく、一歩踏み出したことには間違いない。

2014年5月8日木曜日

スマホかそれとも、モバイルWi-Fiルーターか? その3

次に、海外使用の問題を検討する。現在、年に1、2回ぐらい海外へ視察旅行に行っている。この視察旅行では、最近iPhoneしか持参しないようにしていて、使い方もWi-Fiのみの使用で済ませている。


Wi-Fiのみの利用なので、ほとんど費用をかけていない。ホテルなどで、有料Wi-Fiの使用料ぐらいである。昨年のインドでは、2日間で200ルピー払ったが、別のホテルでは無料だったし、その前のイタリアでも無料だった。


ただ、ホテルだけの使用よりかは、行く先々でもiPhoneが使用できればという思いはずっとあったのではあるが、結構費用が掛かることがわかっていたので、今回の検討材料としてこの海外使用という問題も加えたのである。


昨年、iPhoneもSIMフリー版がでたので、検討材料になったのだが、もし出ていなかったらiPhone以外のスマホを検討したかもしれないが、今回はSIMフリーのiPhoneのみを検討した。


iPhoneについては、海外でも使えるというブログ等での投稿があったし、何よりもiPhoneは最初から使っているので、あまり変更したいという気が起らなかった。結構いい値段がするのは、致し方ないことだと割り切った。


海外旅行時のWi-Fiルーターについては、レンタルも含め結構検討したのだが、やはり国内も使え、しかも海外でも使えるSIMフリーのWi-Fiルーターを探したが、なかなか実際の使用体験ブログ等を見つけ出すことはできなかった。


したがって、この海外使用という点では、値段の問題はあるが、SIMフリー版のiPhoneに軍配をあげることにした。








2014年5月1日木曜日

スマホかそれとも、モバイルWi-Fiルーターか? その2

次にランニングコストについて、検討してみる。つなぎたい機器は、初代iPad(SIMなし)、iPhone4S(ソフトバンク)、ノートパソコン(ASUS)の3つであり、このほかに3GのWi-Fiルーターがある。


現在、ランニングコストについては、iPadおよびノートパソコンはゼロ、iPhone4Sは毎月8,000円ぐらいである。これ以外に、Wi-Fiルーターが毎月4,000円ぐらいかかっているので、今の毎月のランニングコストは12,000円ぐらいである。


テザリング対応のスマホに機種変更し、Wi-Fiルーターを解約すれば大体3,000円弱ぐらいの節約になる。機種変更で1,000円強アップし、解約するWi-Fiルーターの4,000円を差し引きすると3,000円弱節約できるという計算である。


逆にWi-Fiルーターを格安SIM対応のものに変えても毎月3,000円ぐらいの節約にはなる。そして、4Sも機種変更して、いわゆるガラケーにすれば毎月7,000円ぐらいの節約となり、年間84,000円ぐらいの節約になる計算である。


テザリング対応のスマホにしても、格安SIM対応のWi-Fiルーターにしても、いわゆる機器代がかかる。なお、これも、2年縛りを使えばランニングコストは、かからないのだが、海外使用の関係で2年縛りを使わないことで検討をした。


したがって、ランニングコストという点では、格安SIM対応のWi-Fiルーターのほうに軍配を上げることにした。